海洋関連事業
HOME > 海洋関連事業
遥かな夢や希望に向かって果敢で意欲的な展開

21世紀は「環境の時代」といわれてます。そしていま、私たちサンセイは「海洋」へ焦点を当てています。 1992年には船舶造修部門を加えました。さらに近年は、「ハイブリット型間伐材魚礁」や人工漁礁「オーシャンクロス」などを開発しています。

船舶修理 海洋関連事業イメージ

1992年、下関で約70年間船舶建造事業を営んできた林兼グループ3社を吸収合併し、 当社事業に船舶造修部門が加わりました。厚い信頼に応える卓越した技術力と徹底した安全性追求の姿勢は、他の事業部における基本姿勢と何ら変わりません。

魚礁 海洋関連事業イメージ

サンセイでは、1988年より産官学連携事業として新タイプの魚礁開発に着手。 強度・安定性や構造面で約30年の耐久性を誇る鋼製魚礁「オーシャンクロス」や200海里水域内の水産資源確保を目指す「高層魚礁」を実用化し、その普及を推進中です。

標体・浮体式灯標 海洋関連事業イメージ

陸上交通で道路標識や信号機が大切なインフラであるのと同様に、海上交通でも一般にブイと呼ばれる標体・浮体式灯標が欠かせません。 当社では、耐候性と信頼性ある高規格化された浮体式灯標(R式)を開発し、海上保安庁への納入実績を重ねています。